【再燃】米主要メディアが起源が武漢ウィルス研究所だと報道。ノーベル賞受賞者は人工ウィルスだと言及

スポンサーリンク
新型コロナウィルス

どうも、らく助です。

最近よく言われるのが、「アフターコロナの世界」はどうなるのか?

ということです。新型コロナというのは間違いなく100年に1度の感染症と人類の戦いの歴史の1ページに記録されるものであります。

 

【感染症と人類の闘いの真実】100年ごとにウィルスとの戦いはやってくるという真実
昨年の12月に中国武漢で発生した新型コロナウィルスですが、あれから数か月で世界中にそのウィルスが拡散され、3月にWHOがパンデミック宣言をし各国が緊急事態宣言や国家非常事態宣言を掲げ、都市をロックダウンしても感染拡大は止められず、医療崩壊を...

 

その後に世界の覇権はどうなるのか、経済はどうなるのか、これまで自由に飛行機で行き来ができていたが、それは取り戻すことが出来るのか。新型コロナのための、ロックダウン後のライフスタイル、ワークスタイルはどのように変わるのか。そんな世界情勢の中で、日本はどのような位置に立つのかそのようなことがすでに議論されるようになっています。

ハーバード大の研究者は、2022年までこのコロナと戦う日々が続くのではないかと公表していました。100年前に起きたスペイン風邪も終息まで3年程かかったと言います。

世界の覇権と言えば、経済でも軍事でも1位と2位を争うアメリカと中国ですが、中国はすでにウィルスを封じ込めた?ということを言っていますが、世界から懐疑的に見られています。

武漢のビル街がイルミネーションで華やかに輝くシーンを流していましたが、これは中国が世界に向けてアピールをしているにすぎません。

アメリカは感染者数が世界で最も多く死者もNY州を中心に止めることが出来ていません。これに対し、アメリカ政府の中国政府へのバッシングも激しくなっていくことが予想されます。ヨーロッパ諸国も中国政府の初動、対応を非難する国も出てきており、アメリカ政府に追随していく可能性もあります。

「アフターコロナの世界」は間違いなく、この2国の関係性が大きく世界の情勢を変えると言っても過言ではないですが、今この2国の状況が新型コロナの出処を巡って、悪化しております。

 

スポンサーリンク

【武漢ウィルス研究所】米メディア、ウィルスの起源について再燃

2月初旬の武漢ウィルス研究所でウィルスが漏れたという可能性があるということに言及するメディアは海外メディアの2社だけでしたが、最近では米の大手メディアのFOXニュースやCNNがこの出処に関して言及するようになりました。

下記は2月初旬に取り上げた記事です。

 

【新型肺炎コロナウィルスは生物兵器?】発生源にまつわる中国科学院武漢病毒研究所起因の説
どうも、らく助です。 今や世界中の懸念となっている新型肺炎コロナウィルスですが、 その起因するものは何なのでしょうか? 当初は武漢の海鮮市場のヘビやネズミということが言われていました。 しかしながら、これだけの武漢での感染力と死者数...

 

FOXニュースがこの武漢ウィルス研究所からウィルスが漏れたということに言及してから
NHKも報じました。Twitterでもバズり、非常に多くの日本人が関心を持っていると言えます。

まずFOXニュースの記事を注目してみたいと思います。

 

【都市伝説?未来人?】40年前に武漢のコロナウィルスの出現を予言した小説があった!!!
どうも、らく助 (rakuskeblog)です。 SNSでよく話題に上がる一つとして、未来の予言者がタイムマシンでやってきて歴史的な出来事をどこかに残していくという話があります。 中国武漢で発生した新型肺炎コロナウィルスを1981年に予...

 

FOXニュースが武漢の研究所の可能性が高まったと伝える

Sources believe coronavirus outbreak originated in Wuhan lab as part of China’s efforts to compete with US

情報筋は、コロナウイルスの発生は、米国と競争する中国の取り組みの一環として武漢研究所で発生したと信じている

– Fox News

<4/16 Fox News 記事内容の重要なポイント>

  • COVID-19の発生は武漢研究所から発生した可能性が高い
  • 情報筋は生物兵器ではないと考えている
  • ウィルスの研究として、米国との競争において能力が上であることを証明したいという中国政府の初期の意図があったと情報筋
  • 一部では最もコストのかかる中国政府の隠蔽工作だとも言われている
  • 最初の患者(患者ゼロ)は武漢の研究所で働いていた者だ
  • 研究されていたコロナウィルスはコウモリからその人間へ感染したと信じている
  • そして武漢の人々へ感染が広がってた
  • コウモリ由来と言われていたが当初言われていた海鮮市場でコウモリは販売されていない
  • FOX Newsはオープンソースや文書に由来した自信がある語った
  • 決定的な証拠はまだ出ていないが、米政府も調査は続けている
  • 一方で中国外務省はWHOが研究所からリークしたという証拠はないということで否定

日本のメディアでもFoxの情報筋を大々的に報道

NHKを始めとする日本のメディアもこのFoxニュースの報道を流しました。

トランプ大統領が「それについては話したくない、この恐ろしい状況を調査している」と述べました。ワシントンポストも2018年1月に武漢のウィルス研究所を訪れた米当局者が、武漢研究所でコウモリのコロナウィルスに関しての危険性の高い研究を行っており、安全性に問題があると指摘しており、またこのウィルスがSARSと同様なパンデミックを引き起こす可能性を警告していたと言われています。

武漢ウィルス研究所でコウモリを使ってコロナウィルスの実験を行っていたのは確かなようです。

果たしてその研究中にウィルスが漏れてしまったのかはまだ証拠が出ていませんが、この武漢ウィルス研究所は非常に疑わしいという情報が集まっています。

ウィルスの起源は一体どこなのでしょうか。

ノーベル賞受賞者リュック・モンタニエ博士が「新型コロナは人工ウィルス」であると述べる

1983年にHIV(エイズウィルス)を発見したということで、ノーベル医学賞を2008年に受賞したリュック・モンタニエ博士が、「新型コロナは人工ウィルス」と述べています。

実は人工ウィルスだと言及した人は彼が初めてではありません、最初はインドの有名な大学の研究者や一部の医学者などが人工ウィルスだと名言しています。

それでは博士が述べている主張のポイントを下記にまとめました。

  • 新型コロナウィルスは武漢ウィルス研究所から誤って流出したものである
  • HIVのDNA断片がSARS-Cov-2のゲノム配列から発見されている
  • 中国の研究者はエイズワクチンを開発している中でコロナウィルスを使用した
  • これは人為的に遺伝子操作されたものであり、2019年後半に謝って流出された
  • 武漢の研究所は元々コロナウィルスの研究を行っていた
  • コロナウィルスはHIVウィルスのワクチン開発のため使用されたものである
  • 自然にある存在は、分子の人為的な改変を一切受け入れない
  • 真実はいずれ明らかになるだろう

 

↓が公表されたサイトです。

The Coronavirus Is Man Made According to Luc Montagnier the Man Who Discovered HIV - Gilmore Health News
Contrary to the narrative that is being pushed by the mainstream Dr Luc Montagnier the man who discovered the HIV virus is saying that the virus is man made.

Chinese Coronavirus Is a Man Made Virus According to Luc Montagnier the Man Who Discovered HIV

The truth will eventually come out.

フランスのメディアでは、この博士が発表した内容に非常に敏感になっております。

この博士に続き、世界中の科学者がウィルスの研究内容を発表してくる可能性もあります。

もちろん中国政府はこれを否定するでしょうが、各国がこのウィルスの起源について

調査を中国に求めてくることは予想されます。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

また海外メディアの記事を紹介したいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました